動機とパターン

のれん分け

独立する人の多くが、 元会社員だとますが、前の勤務先から「のれん分け」などをしてもらい、起業後も元勤務先と 取引してもらえるのはある意味で理想だと思います。

取引先も確実に手に入れることが出来て、また資金的にも安定すると思いますが、その反面、いつまでも前の勤務先の命令に従う状況に置かれることもあります。

さらに最悪の場合、元勤務先の折り合い係りにされてしまうことあり、また、時には元勤務先への「甘え」が残ってしまい他の取引先を獲得しようという意欲が湧いてこないということもあります。

裸一貫

ある意味で、独立の自然な形だと思いますが、一国一城が起業家の理想像だと思います。

しかし、独立後の安定性が全くなく時には挫折するケースもあり、多額の借金を抱えてこれからの人生を無駄にしてしまうことさえあります。

いずれの方法がよいとは一概にはいえませんが、一言アドバイスするとしたら、企業の原点は社会によい結果をもたらすことで、これがなくては企業は継続できないということです。