転職サイトを活用して賢いグローバル人材を雇用して、国際社会に適応へ

世はまさにグローバル化の時代です。日本国内でも既に大勢のグローバル人材が活躍しています。分野によってはグローバル人材がいなければ成り立たない程、彼らのスキルが活躍している位です。昭和の頃は日本企業イコール日本人サラリーマンだけが勤務する組織でした。ところが平成の時代に入り、徐々に海外の人々が組織に入り始めてきました。外国人の経営者が日本企業を立て直したり、外資系企業が日本の大手企業と業務提携をする等、活発な交流が始まったのです。

 

欧米諸国では一つの企業に色々な国と文化を持つ人々が在籍するのは決して珍しい事ではありません。特に米国では国籍や年齢や文化などは十人十色であり、個人のスキルとポテンシャル次第でどんどん採用されます。日本企業もまたダイバーシティの徹底が国際社会から求められています。グローバル人材が少ない、あるいは殆どいない企業は旧態依然とした日本企業として、一般消費者やメディアや株主から厳しい目を向けられる可能性大です。

 

日本企業もまた「第二の開国」が迫られています。ダイバーシティの徹底の他に、グローバル人材がいなければ国際競争が主流の現代ビジネスの環境に適応する事が出来ません。もちろん日本人が中心の組織でも国際社会で高い業績を上げる事は不可能ではありませんが、やはり社内にグローバル人材が在籍していた方が欧米諸国の分野やトレンド、市場の流れなどを肌感覚でつかみ取りやすいです。

 

また日本人サラリーマンだけだと視野が狭くなりやすいのもネックでしょう。ドイツやオランダや韓国やフィリピン等、多種多彩な国の出身者で会議をすれば、斬新なアイデアが得られます。ただ新卒採用でグローバル人材を「一本釣り」するのはなかなか困難です。

 

有能なグローバル人材は中途採用で募集した方が効率よく集められるでしょう。転職サイトでグローバル人材をヘッドハンティングするのも効果的な戦略です。帰国子女の若手日本人女子を雇用するのもオススメです。